HIGH BLOW

アクセスカウンタ

zoom RSS ♪開き直るその態度が気に入らないのよ…サックスの"浮気"

<<   作成日時 : 2006/03/11 21:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

で、そんな風に云いつつ様々な楽器に手を染める向きもあれば、一筋に一つの楽器を追求する向きもある。

=============
このエントリーは公開から3年以上経過していますが、アーカイブ化までの間現状のまま公開致しております。
=============


"初期衝動"がケニー・G氏ならばソプラノから入ってソプラノで行くだろうし、ジョン・コルトレーン氏ならばテナーから入ってテナーで、スカパラ谷中敦さんでヤラれた方はバリトンから入ってバリトンを、って事になるのだろう。

ディヴィッド・サンボーン氏やキャンディ・ダルファー女史から入った方が、アルト以外から入って、叉、アルトから入っても、ソプラノ、テナー等他の楽器に持ち替える事は、かなり稀なケースだろう。
(思い入れが強過ぎれば「裏切られた」感すらしてくるはずだww)
勿論"インスパイア"の部分は別の話だ。

叉、最初の"インプリンティング"の段階で「持ち替え」に遭遇していれば、それは自然な物として擦り込まれる。
ビッグバンドでは意外に持ち替えが多いものだが、ウェイン・ショーター氏、ブランフォード・マルサリス氏のテナー + ソプラノ、渡辺貞夫氏のアルト + ソプラニーノなどなど。
本田雅人氏の場合はアルト、ソプラノ、テナー、バリトン、フルート、クラリネット、トランペット、トロンボーン、リコーダー、EWI、歌(www)と、これが最初だった方は大変だ(www


サックスに限って話を進めるけども(w)、やはり物理的に楽器の大きさが変わることになるので、100%全く同じ感覚で演奏する、と云うのはあり得ない。
重さも変われば、マウスピースの大きさ、管体の太さ、キーの位置など、到底同じ訳はないので、"吹き分け"る力が必要になる(本田氏の場合は特殊に見えるが、意外にこう云う方もおられるのだ)。
テナーの場合はこう、ソプラノの場合はこう、と良く云われる"ツボ"を心得ておられて、アンブシュアやブレスコントロールなど、微妙な差を使い分けて行く。
加えてマウスピース、リード、リガチュアなどのセッティングの"ツボ"も心得ておられるので、"吹奏感"をある程度は揃える事も出来る。
ここまでの事があれば演奏者個人の中では、それほど違和感無く演奏出来るだろう。


ここまでは云わば技術的、物理的な要因だけれども、別に"感覚的"な要因、と云うのもあると思う。

つまりはこうだ。

良い悪い、巧い下手、と云う問題では一切無いのだが、演奏者はそれぞれ固有の"音域の感覚""音色の感覚""調性の感覚"を持っている、と思う。
それぞれの"キャパシティ"と云う要因、これが"持ち替え"に影響しているのでは無いか、と思う。

勿論"ソプラノの音""アルトの音""テナーの音""バリトンの音"と云う、云ってみればそれぞれの楽器の"美味しい処"(これを"ツボ"と云っても良いが)と云うのもある。
音域は同じ、フラジオである事も同じだけれど、同じ音程の音を出してもアルトとテナーではやはり音色が違う。
「吹いて吹けない事は無いのだが、どうもソプラノは馴染めない」「やっぱし自分にはアルトが合っている」などの"好き嫌い"、云ってみれば"感覚"の"ツボ"があるのではないか。
この運指でこの音程が出ないと気持悪い、とか、この音程の音はこの音色で、と云う非常に感覚的な"ツボ"が、その奏者と楽器とでマッチングが取れているかどうか、と云う事なのだ。
まぁ、中にはテナーでソプラノの音域まで出してしまう人もいるので(ww)、その方はテナーの演奏に非常に熟達されていて、なおかつ"音域"のキャパシティも広い、と云う事なのだ。

中には、意外に自分では気付かないけれども、普段アルトを吹いていつつ、たまにテナーを吹くと「めっちゃ合ってるやん!!」と指摘されるケースもあるので、この辺一様では無いのだけれど。


自分の場合はやはり本筋はアルトだ。
昔はユーフォ吹きだったから音程を取るのも、聞いた音で動く指もBbだったが、この数年はEbで取る、Ebで動く様になってる。
厄介だったのがソプラノとテナーを吹き始めた時で、BbとEbとCがごっちゃになってしまっていた。
楽譜は読めるのだが、指と出音の音程のギャップに暫く悩む事になる。特にテナーはユーフォと音域がカブっているので逆にやり辛い部分はあったし、未だにソプラノは苦労している。
この上EWIはC、クラリネットはBbとEbがカブったようなものだし、中々どうしてちょいと大変な事になってる。

とは云え、やはりテナーならでは、ソプラノならではの"美味しいツボ"があるので、どうにかモノにしてみたいものだ(その前にアルトをどうにかしろ!と云うツッコミは無しね)。
ソプラノはCannonball SA5-SBのあの味が欲しいし、テナーは現在のYaniも良いのだがCadeson T-900SWGのヴィヴィッドな味も捨て難いし、Cannonball GA5-SBの精緻かつ豪快な響きも良い。
フルートは昔世話になってる事もあるのでPearlのものが欲しい。

その辺自由に出来る経済的なバックボーンも早くどうにかしたいものだけれども。
誰か投資して(www

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
♪この道は いつか来た道(6月度
昨日締切に間に合わせようと数百回の"Ctrl+C""Ctrl+V""Ctrl+S"を繰り返した挙句、途端に休みになってしまったので、ムシャクシャして更新してしまおうと(意味不明)。 ...続きを見る
HIGH BLOW
2006/06/07 11:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おつでやんす。
本田氏のは、ありゃサーカスですな。リコーダーまで吊るして吹くなー。

ところで例の法、よく分からない規制緩和あったみたいで。
それにしても、完全施行間際でドタバタしすぎで、「いまままで何もしてませんでしたぁ・・」なんてのが分かってしまうような対応はなんだかなぁ・・。
ボヤキに来ました。
あんそにい
2006/03/17 06:10
>あんそにぃさん
おつでやんす。
本田氏の場合、そこに4リズムも加わるので、全く持ってやってられまへんw

PSE(PlayStationError)法はこのまま国会差戻しで再審議、今回分は廃案、と云う事になって頂きたい。
きっちり整備した上で、もっかい発布して欲しいもんです。
D-O
2006/03/17 09:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
♪開き直るその態度が気に入らないのよ…サックスの"浮気" HIGH BLOW/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる