YSS-475

なるほど、比べてみれば色々判るものだなぁと改めて。 昨年来ちょっとした事情でソプラノをお借りする機会が増えた。 その度ごとに機種が違うのだが、実はそこが面白く、慣れない中結構楽しんでいる。 今回はヤマハの誇るハイ・コストパフォーマンスを誇る(とされて久しい)YSS-475。 随分前からラインアップにはあるけれど一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Royal by D'Addario

実に20年振り位に使ってみているけど、歳取ったせいか、中々、悪くない。 しばらく前に”赤リコ”を使ってみたり、ちょいちょい機会を見つけて旧Rico系を使ってみている。 なるほど使用上の注意をよく読んで、用法・容量を正しく使えば面白いという実感がある。 何もVandoren一択という矜持はないけど、後述する理由で結果的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YSS-62

成る程、名機とはこうか。 ソプラノについてどうこう云う程にはその数も頻度も吹いてはいないけれど、この楽器はなんだかこう、面白い。 一度吹いた事があるYSS-82ZRは最高だった。 芯も厚みもパワーもありつつ適度に柔らかで良く伸びる音、正確な音程、しかもそれらの”しなやかさ”が充分感じられる。 しかし、やはり、今の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Woodstone 5M & Mouthpiece Cafe N.Y.Bros #5

どうも変なポルノサイトからリンクされたようで、遺憾ながら元記事を削除する事にした。 検索エンジンからお越しの読者諸兄には大変恐縮だが、別館にて再掲したいと思うので、下記リンクから再度訪問して頂きたい。 ご訪問に謹んで感謝申し上げます。 Woodstone 5M & Mouthpiece Cafe N.Y.Bros #5
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★対決!Vandoren V16 A6S+ 対 Claude Lakey 4*4

さてそこそこVandoren V16 A6S+にも慣れてきた処で、そろそろ『対決』の俎上に乗せてみようか。 相手は、と見てみたが、以前にも書いた通り既に資産価値のあるマウスピースは全て手放してしまったので、必然的に手元に残っているClaude Lakey 4*4かCannonball付属のCAM5か、になってしまうので、ここは"い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Vandoren V16 A6S+

随分前になるが、こんなエントリーを書いた。 一方、アルトのマウスピースについてはこの数年、「Woodstone 5M & Mouthpiece Cafe N.Y.Bros #5」、「Claude Lakey 4*4」、「★対決! Claude Lakey VS Beechler Diamond Inlay (前編)」「後編」とか書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Berg Larsen 110/0M Hard Rubberl for Tenor

なんだかんだ云ってやはり自分はLarsen党なのだ。決してコレクターになろうとしている訳では無いんだが、たまたま今回超レアな"0"チェンバーが見つかったもんだから、と。 とにかくBerg Larsenと云うと、世の中的に一番Larsenと云えば"1"チェンバーなんだろうか、と以前のエントリーに書いたんだが本当にそうだ。 それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Berg Larsen 110/2M Metal for Tenor (その1)

なんだかんだ云ってやはり自分はLarsen党なのだ。決してコレクターになろうとしている訳では無いんだが、様々求める"オプション"をこの機に整えたい、と云う所なのだ。 昨年、清水の舞台の47階からオヤジを涅槃で待つ勢いで(reprise)Berg Larsen 110M/3 Metal for Tenorを入手し、約1年使った。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Vandoren V16 Tenor Metal T8S T7M T7L

なんだかんだ云って自分はLarsen党なのだ、という矜持を持ちつつ、流石のLarsen党も無視出来ず、試奏したら、これがまた良かった。 相変わらず”弾数”が少ないようで、おそらく都内でもない限りは実物を確かめることすら出来ないのでは、と思いつつ、かなりの期間に渡って”粘って粘って”、新しい”V16”の3タイプを試す事に成功した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆対決!D'Addario SELECT JAZZ vs Vandoren Java(中締め)

そんな訳で、一年中で一番リードを選ぶのが難しい時期に、しかも年中湿気と戦うような地域で、一番面倒な企画を立てたもんだと思うのだが、色々見えて来た事もある訳で。 例えばD'Addario Select Jazz。 今回2H、3S共にfiled、unfiledを手に入れ、とっかえひっかえやってみている訳だけれど、改めて感じる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆対決!D'Addario SELECT JAZZ vs Vandoren Java(中編)

多分今回手に入れたBerg Larsen 110/3M Metalはかなり出来が良く、それ故にキャパシティが広いんだろうか、使えるリードの幅がかなり広くて、正直うれしかったりかなしかったり。 先日長時間のリハーサルがあったり、本番もあったりしてかなりじっくり試す事が出来た。 ・Vandoren Java RED-CU…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆対決!D'Addario SELECT JAZZ vs Vandoren Java(前編)

そんなこんなでBerg Larsen 110/3Mのリード探しの旅の空から。 --------------------------------- 正に「回り道でも 旅の終わりに 君にもう一度 会えたなら いいね」って感じ。 っていうか、まだまだ終わる気配が無い。 これまでBerg Larsen 105M/2 Hard…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Berg Larsen 110/3M Metal for Tenor

なんだかんだ云って自分はLarsen党なのだ、という矜持を持ちつつ、しかし、ここを通らなければ次のステップへ進めないのでは?との、ある意味“焦燥感”に駆られた、とも云ってよい。 かつてのエントリーから丸3年を経過し、我ながら執念だなぁ、と思いつつ、粛々とリード合わせに腐心する日々がやってきた。 遂に、あの日あの時の本懐を遂げる機…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

☆KORG AM8000R

結局これが今のところ一番長い付き合いになっている。 ---------------------------------------- AKAI EWI用のエフェクター類は幾つか使っては来たが、ごてごてと色々組み上げるのがしんどくなったり、移動が頻繁になったり、と環境が変わるにつれどんどんシンプルになっていった。 勿論そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YTS-82z

こないだのYANAGISAWA T-WO2からの"ダブルY"続編。 今度はリニューアルされたYTS-82z。 リニューアル後リリースから時間が経っていることもあり、本当に多くのプレイヤーが手にしている楽器にあれこれ感想なんて本当におこがましいけれど、何せ自分が欲しい機種の現在トップ3に常に入ってくるもんだから(「ぼくのかんが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YANAGISAWA T-WO2

何せ両方合わせて10分も吹けてないので、そもそもちゃんとした感想にすらならないかも知れないけど、過去にこういう遊びもやってるので、まあいいか、と。 何せ今一番気になってるのが国産のダブルY。 そりゃ我がCBやCadeson T-92、Forestoneさん始めポストMark VI系も気になるっちゃ気になるけれども、最近と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MARCA Cordier リードカッター

随分前に使った事があったんだが、最近買い直したら、これが予想外に大活躍で嬉しい悲鳴。 例の”リードギーク”との組み合わせは最強、と結論付けてみたい。 -------------------------------------------- 最近とみに消費が激しいテナー用リード、昨年~今年に掛けてVandoren、D'A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪こんなはずじゃ なかったよね あの夏の日の約束は

などと云うタイトルで、果たして閲覧者はいらっしゃるのか!?的な部分は感じつつ、地味なweblogなのでそれほど世間様に影響は及ぼさんだろう、と、我が身を振り帰る一環として記そう。 実はテナーのマウスピースに関しては、これまで独立したエントリーにしてきたものが多い。 YANAGISAWA METAL #7、VANDOREN…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

Jody Jazz JET 6

ちょいと、面白かった。 そもそもJody Jazzって、Dave Gardala以降の"ジャズ向け高級マウスピース"の"はしり"みたいな印象があったり、例の"セカンダリーウィンドウ"なる独特なウィンドウのせいか、一種キワモノ的な印象があったりして、眉に唾つけながらPCのディスプレイ上だけでどうこう云ってた(云わざるを得ない)もんだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more