HIGH BLOW

アクセスカウンタ

zoom RSS ★何気なくCannonballを語ろうか…[楽器フェア直前対策]

<<   作成日時 : 2009/09/26 09:47   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

今回ばっかりは諸般の事情で行けそうもないので、予習だけはしておこう。


Cannonballの"目玉"は何と云っても新しいフィニッシュ"The Brute"だ。

とはいえ、このエントリーを書いている段階では出品されるかどうかも判ってはいない。

が、注目度から云えば相当高いものになるのは明白なので、参考程度には持ってくるだろう、と踏んで、かなりのリスクを背負ったフライングで書いている。
(CBの事だけは少々思い入れが深くなる為、どうかご理解願いたい)



既にこのblogでも紹介をしているが、CBの社長Tevis Laukat氏自らがプロモーション用の動画に出演なさっておられる。



ここで云う"The Brute"のフィニッシュとは、米Facebookによれば"brass aging treatment"との事。

つまりラッカーのように塗膜を乗せる、と云う事ではなく、真鍮の地金そのものに何らかの加工を施し("Treatment"って云うくらいだからwww)、地金の振動を極力妨げないようにした新しい仕上げ、と推測できる。

(未だクロサワ楽器さんからの正式なアナウンスが無い状態だから、あくまで推測だ)

CBいわく「5,60年経ったようなブラスの雰囲気に仕上がった」と云う事だが、ノーラッカーものの新しいアプローチ、と云う事だろうから、これは興味深深だ。

確証が持てない状態では本来はエントリーにはしたくないのだが、ちょっとこれは凄いだろう、と今回ばかりはフライングしたい。


これまでは"Mad Meg"がいわゆる"ノーラッカー"もの、としてあって、それはそれで凄い楽器だったけれど(こちらは別エントリーを参照)、「ノーラッカーは他でもやってるしぃ、CB的にはぁ、どうなのって思ってぇ」とCEOのSherylが仰るとも思えないが(ww)、これはオリジナル好きなCBとしては誇らしい処だ。

そもそもラッカーは真鍮の防錆を目的としたものだが、これが管体の"鳴り"に大きく作用する事を逆手に取ってYAMAHAさんがまず筆頭でノーラッカーものを始めたように記憶している(違っていたら平にご容赦)。
例の"82ZWS"も非常に薄いラッカー塗膜だ、と聞いている。

今回の"The Brute"については、結局真鍮の地金が露出している訳だろうから、防錆、と云う点ではMad Meg同様成り行きにまかす、事になると推測するが、そのプロセスはMad Megよりも遅くはなるだろう、とも推測する。

ノーラッカーものは良いと思うけど、手入れがねぇ、と仰った向き、には、是非「楽器フェア」もしくは店頭で確かめて頂きたい。






と、云うか、本当に"The Brute"が出品されるかどうかもわからないうちにこのエントリーを書いているので、実際"来なかった"らどうしよう、と思いつつ、先に進めよう。


これも好対照となってしまったが、Cadesonの"連邦の白いサックスはバケモノか?"の「Brushed Satin Siver」と良いコントラストをなす事だろう。

両方とも、古き良き時代の風情を取り入れつつ、全く新しいものに仕上がっているだろうからだ。
(Cadesonは近々試してみたいが、中々群馬は遠いのだ orz)




やはり管楽器の世界は超保守的で、色々挑戦的な事をするのはチャレンジャーたるポジションの皆さんだ。

ここが面白い。

不況の波は世界中満遍なく襲っているだろうが、せめて少しの夢を見る事で心の中だけは豊かでいたいものだ。
(実際ドーパミンの分泌は高まるだろうから、精神衛生上は効果あるとは思うが如何に???www)


尚、CBの社長、社員、関係者での演奏がYouTubeにアップされていたのでリンクしておこう。

こんな連中がよってたかってCBを作っている、と思うと頼もしくて仕方が無い。




Cannonball キャノンボール TV/PC-L テナーサックス【テナーサックス小物セット付】【送料無料】
クロサワ楽器店
☆安心の調整後発送☆通信販売でお求めの際は、すべて検品・調整後に発送致しますので、届いてすぐに演奏し


楽天市場 by ウェブリブログ



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜
自分は土曜日に楽器フェアに行く予定なので真っ先にクロサワ楽器のブースに突撃してきますねw
ハースニール
2009/09/26 12:41
>>ハースニールさん

コメントありがとうございます。

オレカマでシクヨロで!!楽しんで来て下さい!!
D-O
2009/09/26 22:50
こんばんはww

The Bruteは Vintage と Stone Series にリリースしてるそうですね!
出荷は2週間ほど前から開始したとか...(by Facebook )

小生のBBGS-T1MadMeg も、もう6年経ち良い具合に表面が曇ってきましたし、ほどほどに管体が振動してきて響きだしたようですww
青龍
2009/09/28 02:50
>>青龍さん

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。
「Facebook」始めましたね!?あそこの情報が今オフィシャルよりも速いですからね(www

The BruteとMad Megは姉妹機みたいな位置づけなんでしょうね。
これからも並行していくとは思いますが、ますます悩み多くなりますね。
どっちにしよう??(www

個人的な意見ですが、The BruteにしてもMad Megにしても、アルトよりテナーの方がフィニッシュ(ってフィニッシュしてないんですけどw)の効果が大きいように思います。
最近テナーの出番がより増えたので、もう、我慢がならんです(w
D-O
2009/09/28 11:48
楽器フェアー行ってきました〜^^
しかし、クロサワさんは今回ギターをプッシュしてるみたいで
サックス自体のスペースは僅かですごい少なかったですね〜
The BruteやMad Megは置いてなかったと思います。
期待してたんですけどね^^;
ハースニール
2009/11/07 18:32
>ハースニールさん

レポありがとうございます。

そうですかぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜残念!!!

確かに黒澤さん的にはMartinですもんね。いやぁしかし残念。

この不況の波を吹き飛ばすThe Bruteが欲しい!!
D-O
2009/11/07 19:37
大事な事書き忘れましたw

なんと小林香織さんの生ライブを目の前で見れました!
めっちゃかわいい人でしたでしたよ^^
ハースニール
2009/11/07 19:54
>ハースニールさん

それは大事ですwww
D-O
2009/11/08 07:47
どーもはじめまして。

個人的にサックスをブランド名だけで判断しない人のブログが好きなので、
最近ここ見つけてから読ませてもらってます。
ここの影響で、キャノンボールがすごい気になってきたのですが、
ヤナギサワと比べるとどちらが太く甘くべっとりとしたものになるのでしょうか?
あと、音色の幅の広さとかはヤナギと比較してどうなっていますか?
キャノンボールは見た目とは裏腹にかなりニュートラルのようですので、
次買おうと思ってるヤナギサワと勝負させてみたくて。

キャノンボールなんて店舗で見たことないような田舎者なので、
ちょっと感想お聞きしたいです。
変態ん
2010/01/17 19:15
>>変態んさん

いらっしゃいませ。ご贔屓ありがとうございます。
ですが、失礼ながらH.Nが正直ちょっとレスつけるのに抵抗を感じる事ご理解下さい。

丁度次回のエントリーのネタにも関わるお話でした。
因みに次にお考えのYaniは90xシリーズでしょうか?99xシリーズでしょうか?
またフィニッシュはどれをお考えでしょう?
私がCBについてお話し出来る事も限られていますが、お教え頂いた情報を加味した上でエントリーを作りたいと思いますので、宜しければお知らせ下さい。
D-O
2010/01/18 12:40
大変失礼いたしました。
名前の変更をさせていただきますのでレスくださいな。

私が今柳沢で気になっているのは、992と9937ですね。
ちょっと変わった素材を試してみたいので。
フィニッシュについてはメッキとかは選択肢に考えていません。
ブラスをむき出しにしてしまうのが好きなので。

あと、金メッキは経済的に敬遠してしまいますね。。。
次は最後の一本にしたいのですが、メッキは割と簡単に剥がれてしまうそうなイメージも有りますし。
ただ、メッキ物も実際に吹いてみたいことは確かですね。
こちらの田舎にはa-9937あたりでも見たことありませんw
田舎では992ぐらいで限界ですね。


あ、私めの個人的な要望を聞いてもらってありがとうございます。
腹充
2010/01/18 14:11
>>腹充さん

コメントありがとございます。
腹充さんがお探しのものは

・音色の幅が広く、太く甘いもの

と云う事でしょうか?

現在エントリー作成中(同時進行で何本かありますが)ですので、しばらくお待ち下さい。
D-O
2010/01/19 13:15
こんにちは、D-Oさん。

そうですねー。
太くて甘くてねっとりエロイのをさがしています。

今までは、エッジのはっきりとした、鋭く、かつ雑味のある割と攻撃的な音を追求していました。
が、
最近は癒されたいのか、芯があり、なおかつ温かみある音に惹かれます。
疲れているんでしょうかねぇ・・・

わりと真逆な方向性なので、1つの楽器で両立というのは難しいところだとは思いますが、それでも音色の幅は広い方が後々のことも考えるといいと思います。
欲張りな話ですけどね・・・

ただ、キャノンボールはこちらのブログを拝見したかぎりでは、
相当いろんなキャラクターの楽器を出してきえいるようですね。
悩ましいメーカーですねー・・・
そんな中でもやはりアンラッカーのいかれたメグちゃんがきになりますw

また、記事の方楽しみに待たせてもらいますので、よろしくお願いします。

腹充
2010/01/19 18:46
追伸
上のyoutubeの埋込みを聞いて思ったのですが、
キャノンボールのテナーはアルトに近い感じがしますね。
深さを持ったアルトのようで素晴らしい音の質感だと思います。
次はテナーにしようかな・・・

腹充
2010/01/19 18:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
★何気なくCannonballを語ろうか…[楽器フェア直前対策] HIGH BLOW/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる