HIGH BLOW

アクセスカウンタ

zoom RSS Vandoren V16 A9S

<<   作成日時 : 2008/04/26 10:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 11

ここんところマウスピースを物色したい衝動に駆られていて、で、以前使っていたV16とはちょいと違う雰囲気だったので、確かめる為に試奏させて戴いた。


------------------------------------------------------------------
*この記事の内容はあくまで個人の感想のレベルであって、特定の企業、製品について、なんら恣意的なものは含まない事をくれぐれも御承知置き頂きたいし、読者に内容を強制するものではありません。
また楽器の、製品としての性格上、個体差があると云う前提に基づき、実際の購入に関してはあくまで読者自身の判断によるものとし、このblogの管理人、協力店、記事内容およびbiglobeは何の責任も負わないものと致します。
以上を御理解頂けた方のみ、ここから先の記述をお読み下さい。
------------------------------------------------------------------


で、新しいV16アルト。

今回はA9M、A9S、A8Mを試させて戴いた。

いや、惜しかった。非情に惜しい!!!
その理由は後程。

今回のアルトの"V16"は、なんでもMeyerがモデルなのだとか。

Mはミディアムチェンバー、Sはスモールチェンバーなのだが、今回A9Sがグッときた。
レスポンスも良く、音程も良く、パワーもあって、ここ一番の鋭さも、スモーキーなフレーヴァーも併せ持っていて、かなり食指が動いた事に間違いはない。

あくまで個人的な感想だけれど、A9MはとことんJazzyに行きたい、ある程度経験を積まれた方、A8MはJazzy方面のビギナーの方なんかには、良い印象を持たれるのではないだろうか、と思う。
A9Sはその中で、比較的ニュートラルなポジションにいつつも、一歩踏み出した時の"伸び方"があるように思えた。
と、云うか自分の志向、用途に合ってる訳だ。

実際ほんのわずかな差しかない訳だし、個体差もあるので、明言は出来ないけれども、今回試奏させて戴いたものについては、そんな風に思った。

また、概してVandorenのマウスピースには幾分"硬め"な印象があったけれど、V16については前作、今作とそれ程意識する程でもなかった。

材に起因するのか、やはりある種の"軽さ"は否めないが、楽器との相性によっては問題にはならないと思われる。

一方かなりノイジーな印象もあるので、例えばオールドの楽器などでは目立つのかも知れない。
最近のモデルで、ブランニューに近いピチピチな楽器では、サウンドに固さはあるものの、実の詰った部分もあると思うので、相性は悪くないのかも知れない。


前のモデルが出てからはもう大分経つ。

VandorenのマウスピースはV5、JumboJAVA A45と渡り歩いて、で、"新製品出るよ!"ってな事で早速試して使う事にした。

V16については、ついぞMeyerでアタリが出た試しが無かった(勿論腕の問題はさて置いているwww)事もあったり、Meyer独特のあの詰った感じが苦手で、息抜けが良くてエッジの効くラバー、と云う事で使い始めたように思う。
(そのうちLakeyみたいにメタル仕様が出るのか、と今の今まで待っているけど気配すらないw)
数年使った、と記憶している。
その辺は過去ログを参照して頂ければ有難い。
----------------------------

さて、最近では珍しく好印象を持ったV16 A9Sだった訳だが、今回購入する事は無かった。
経済的な問題を差し置いて、今はマウスピースを物色する理由があった訳だから、出来れば導入したかった、と云うのが本音。

では何故今回見送ったのか?

マウスピースと云うもの、様々な"長さ"がある。

直接的に影響してくるのは"ピッチ感"と"鳴り"だ。
ある程度の深さでマウスピースを差し込んであげないと、楽器のピッチバランス、鳴りのバランスが十分取れなくなる。
その楽器と、そのマウスピースで、一番バランスが取れるポイント、と云うのがあるような気がしているのだ。


今回、このV16 A9Mを使用した際、残念な事に手持ちの楽器では、マウスピースそのものを十分にネックに差し込めなかった。

いや、コルクやネックの太さの問題ではない。
マウスピース内部のシャンク…チェンバーからボアにかけての処に"段"が入っていて、そこから深くはネックが差し込めなかった。
(スモールチェンバー、だからかも知れない。日を改めて、今一度A9M(ミディアムチェンバー)を試させて戴きたい)


ほんの2、3mmで良い。今少し深めにネックを差し込めれば、良かった。即買いだった。

試奏した際には、目一杯差し込んだ処が"ベストポジション"だった。
ではこれで良いではないか??と思われるだろうが、そこはさにあらず。

"ベストポジション"は使用するリードによっても左右される。
つまり、リードと云う不確定要素があった時、マウスピースの位置を動かしてバランスを取るわけだが、その際に動かせる、幾分の"遊び"が無ければいけない。

現状"遊び"が全く無い状態だった訳だ。

そうなるとリード選びが今以上にシビアになる。
legereに切り替えて使い続ければ良いのかも知れないけれど、(legereは確かに便利だけれど)人間そうも云ってられない処もある。

なので、その日はあきらめた訳だ。

今後、スペアのサックスを導入するかも知れないし、V16 A9Sにはその時にがんばってもらおう、と云う事にした。
ぶっちゃけ自分にとって"当たり"のMeyerに出会う事でもなければ、今後導入するマウスピースのトップ5にはいつも入れておこう、と思った。

--------------------------------------------
勿論、これは今回の、自分の場合に限った事なので、一般的な内容では無いよう(失笑

なので、読者の場合は又別なのだから、くれぐれも鵜呑みになさらぬよう。



マウスピースのカスタマイズ、なんて領域に足を踏み入れる事は出来るだけ避けたい(w
リフェイスならまだしも、大事なチェンバー周りの話だ。
下手に削ろうものなら、吹奏感もバランスもおかしくなるだろう。
そんな工具も技術も度胸も持ち合わせてはいない訳だし。





出来ればあと3mm余裕が欲しいんだけど、どこかでVandorenの方、読んでてくれないかなぁ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
♪この道は いつか来た道(2008 五月場所)
そんな訳で、最近とみにアクセスの多いエントリーをまとめてみました。 ...続きを見る
HIGH BLOW
2008/05/11 16:37
Vandoren V16 T8 & T55
結局の処、地方在住の身ではマウスピースをじっくり選定するなんて事は相当に難しい訳で、そんな中でも"V16"は"味方"かも、と思っている今日この頃。 ...続きを見る
HIGH BLOW
2009/02/26 11:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
惜しかったですね〜〜...ww

こればかりはなんともし難いことでしたね...



小生これまでVandorenとの相性は極めて悪く、MPではどれも納得行くモノが無くReedにしてもZZが程よいかと思いかけたところで裏切られ...
以来、Vandorenは圏外となってしまってますが...(あくまで個人的な見解です...)

青龍
2008/05/02 00:58
>>青龍さん
いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

そうですか、私における"Rico系"と同じですね(w
時期的なものもありますしね。以前は私もLaVoz、RicoRoyal、RicoJazz、RicoJazzSelectと渡り歩きましたけど、どこかしっくりこず結局Vandorenに落ち着いてます。Woodstoneも大分使いましたけど、あれも良いですよ。

今回本当に惜しかったんです。実は未だ諦め切れていなくて(www)機会があれば再チャレンジしようかと(w
折りしも今年は"Sceptyr"だの"Vintage"だの、久しぶりにHOTな年になりそうですし。そっちで使いたいなぁ、なんて。諸々の条件が許せば、なんですが。

でもねぇ、Cadeson A-902Vも本当捨てがたいんですよ。あれは。魔物ですね(www
D-O
2008/05/03 00:57
D-O様 初めまして。
とても楽しくHPを読ませていただいております。

9S良いですよね〜♪
私も試奏して非常に気に入っておりますが、やはり微妙な所で購入まで至っておりません…
8Sも結構良かったですよ!

これは完全に私見ではありますが!!!
やはり奥まで差し込めないのはSだからだと思います。
手持ちの楽器全てで試奏しましたが、ネック入り口が太めの柳沢にはSは完全にOUTでした。
Mでは全く問題ありませんでしたので、やはりチェンバー形状の為だと思います。
マーク6、カドソンはコルク調整で問題ありませんでしたが、何故かカドソンはピッチバランスが
大きく崩れてしまいました。これは固体の相性なのか私の相性なのか原因はわかりませんが。

マーク6ではバランスも良く非常に良い感じなのですが、仰るようにビンテージだと
少し気になる音の成分がある気がして…

以上の理由からまだ購入はしておりませんが、やはり非常に興味があるのはD-Oさん同様で
もう少し在庫が増えたら再度試してみたいと思っています。
chao
2008/05/20 11:08
>>chaoさん
いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。


…沢山楽器お持ちなんですねぇ。羨ましい。

そうですか。Yaniでは入りませんでしたか…。
やっぱしそういうのありますよねぇ。
ウチのはホントに惜しかったんです。
でも"M"だと微妙に"欲しいモノ"が違うんですよねぇ。う〜ん。悩ましい。
カドソンでは入りましたか。これは私に"買え"と云う神のお告げでしょうか???
(そんな、マウスピース一個の為にwwwwwwwwwwww)

私の師匠が試した処では、やはり古い楽器だとノイジーな部分が気になった上、淡白で硬めのサウンドがちょと辛いなぁ、と。
VandorenっぽさははやりこのV16でもあるんですよね。
彼はニューヨークメイヤーのすんごい状態の良いヤツを持っているので、最強なんですけどね(www

も少しお互い悩みましょうか???(wwww
宜しければ又お越し下さい。
D-O
2008/05/20 12:23
ご返信ありがとうございます。

たしかにカドソンは装着は問題ありませんでしたが、
私との3点セットになるとピッチバランスが微妙でした。
ですがマウスピースが1本しか試奏できなかったので
個体差かな?とも思ってます。
私のカドソンは902V(F#無し)ですが、
音色に関しては楽器のムッチリ感とマウスピースのサッパリ感
(共に私見)
がとても良い密度でバランスしてたと思います!!
(決して“買え”と背中を押している訳ではありませんが・・・(笑))

マーク6でムッチリ感がでるか、カドソンでバランス取れる
マウスピースが見つかったら私は即買いしちゃいそうです

本当にHP楽しみにしています。
全く同意見だったり、時には正反対の感想だったりしますが
それがまた楽器や音楽の不思議で面白い所ですよね〜

また、お邪魔させていただくと思います。
宜しくお願いいたします。
chao
2008/05/20 16:02
>>chaoさん
どうもです。詳細なレポありがとうございます。
そーですかぁ902Vお持ちでしたかぁ!!!うらやましい。
倍率ドン!更に倍!って処です(巨泉

他のエントリーもお読み頂いているようで感謝感謝です。
どんどんコメント頂けると更に倍!ドン!と嬉しく思います。
確かに全くの私見でのエントリーですからね、全く相容れない意見を公開しているかも知れません。
仰る通りそこが面白い処でもあります。
また是非コメントお寄せ下さい。お待ち申しております。
D-O
2008/05/20 22:03
はじめまして。
YAMAHA YAS-82Z UL WOF(ついこの前まではYAS-34にG-1 neck)にV16 8sの組み合わせで使っています。リガチャーはB.AirのSeamlessかVandoren Optimum、リードはAlexander Superial DCです。
私の場合はチューニングするとあまり深く差し込まなくてもいいようなので今のところ問題なく、Joddy Jazz HRよりエッジが立って音の輪郭がはっきりしているところ、Gottsu隼よりも吹き込みやすいところが気に入っています。

でも、このマウスピースは良い!っていうのを聞くと、使ってみたくなってしまうんですよね。

これからもおもしろい記事を楽しみにしています。
Sulcata
2008/05/27 15:03
>>Sulcataさん
いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。
YAS-34にG-1ネック!!渋い!!!
確かにマニア向け(??)なレアアイテムも良いですが、Vandorenみたくマスプロダクトなブランドでこんな美味しいものがあると良いですよね。
でもGottsuさんは個人的に欲しいですよ(w
手持ちのCBとは多分相性が今イチだと思うので、セカンドで買う(予定:でも未定ww)楽器には是非合せてみたいですね。
楽器フェアで試奏させて戴いて、すっかりファンになりました。

マウスピース探しはある意味、サックス吹きの宿命かも知れません。
宜しければ又お付き合い下さいませ。
D-O
2008/05/28 02:10
v16が気になっているものです。
A9の開きを調べてみましたが、モンスター級ですね。
しんどくありませんか?
それとも、
普通のマウスピースから意外とすんなり移行できたりするものなのでしょうか?
宮本むさ男
2010/12/21 12:42
>>宮本むさ男さん

いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。

このエントリーから丸2年位経っていますが、現在の時点でどう感じるか、は私も興味がある処です。
試奏の段階では、実はそれ程"開き"を意識する、事はありませんでした。
最近SelmerのSpiritsも試しましたが、その2機種も同様で、キャラクターの差、と云う位にしか感じなかった、と云うのが正直な処です。
使っていたリードのせいもあるんでしょうが(多分この試奏の頃はwoodstone #3-1/2あたりだったと思います)、意外にすんなりイケたな、と云う印象がありました。
数値の上では確かに広いですもんね。

最近又meyer 5MMを手に入れて、手持ちのCB CAM-5と比較してたりしますが、例えば現在meyer 5MMあたりをお使いなのであれば、A6もしくはA7辺りからお試しになると良いのでは、と思います。V16は若干スピード感がありますから、多少オープニングが広めでもイケるんじゃないか、と…。

実際に店頭などでご確認頂くのが最良ではありますよね。
よいものに巡り合う事をお祈りしています。
宜しければ又お越し下さい。
D-O
2010/12/21 22:31
レスありがとうございます。
あまり開きの差というのは体感されませんでしたか。
マウスピース自体の構造の違い等もあって、
単純に開きだけでは比較できない部分も大きいのかもしれませんね。
ホームページ見る限りでは、バンドレンは他社と比べて大きい開きのものを押し出してるようですし。
今使っているのは2ミリほどの開きだったと思いますが、
0.4ミリのアップに挑戦してみようかという気になりました。

田舎の楽器店にはなかなか置いてないので、
バンドレンはバラつきがましだという噂を信じてネットで買っちゃおうかと思っています(笑)

これからブログ楽しみにさせていただきます。
宮本むさ男
2010/12/22 03:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
Vandoren V16 A9S HIGH BLOW/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる