HIGH BLOW

アクセスカウンタ

zoom RSS CANNONBALL A5-SB 50ANN "SOUND RIVER"

<<   作成日時 : 2007/04/27 23:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

ようやく試奏の機会に恵まれた。"音川英二"モデルのアルト、だ。


国内ミュージシャンの中でも、音川英二氏は最も早くCannonballを手にした方だ。
その辺のいきさつなどは既に各メディアに詳しいが、図らずも国内におけるCannonballエヴェンジェリストとなった。

実際音川氏の実力たるや、想像を絶する。
個人的には池田篤氏と同様に"演奏を聴いて、自分がサックスを辞めたくなった"プレイヤーだ。
彼の演奏の前には、はいはい私もサックス吹きでござい、と軽々しく云えない、そんな風に思う。
卓越した技術と素晴らしい感性、そしてかの"音川モデル"でオーディエンスをなぎ倒す(勿論振り回してる訳では無い)圧倒的な音楽力、同じ時代に生きてて良かった、と思えるミュージシャンの一人だ。

その彼をして使わしめる楽器、それがCannonball だし、音川氏の"仕様"で制作されたのが、"SOUND RIVER"だ。

そもそもアーティストシグネィチャーモデルとしてはジェラルド・アルブライト氏の他は、ラインナップ上はこれしか無いはずだ。
音川氏も以前はジェラルドモデル(GT1-SB、GT5-SB)を使用しており、"SOUND RIVER"の基本仕様の元となった。
その辺も既にリリースから1年近く経過しているので、あちこちのメディアに詳しい。


大きな特徴と云えば、純銀製のネック、ちりばめられた"準宝石"(ミスティック・ドラゴネイト、と云うらしい)、サテンブラックニッケルのベルにシルバープレートのボディと云う処。

しかし実際の特徴は、やはりサウンドにある、と感じた。
------------------------------------------------------------------
*この記事の内容はあくまで個人の感想のレベルであって、特定の企業、製品について、なんら恣意的なものは含まない事をくれぐれも御承知置き頂きたいし、読者に内容を強制するものではありません。
また楽器の製品の性格上、個体差があると云う前提に基づき、実際の購入に関してはあくまで読者自身の判断によるものとし、このblogの管理人、協力店、記事内容、およびbiglobeは何の責任も負わないものと致します。
以上を御理解頂けた方のみ、ここから先の記述をお読み下さい。
------------------------------------------------------------------

実際、とんでもないCannonballだ。

手持ちのGA1-SBとの比較が出来た訳だが、いやもうとんでもない。

数多あるサックスの中でも重量級に属すであろうCannonballなのだが、想像以上に鳴らす"抵抗"は少ない。
これはどのモデルでも云える(一部シルバープレートものはやはり少し重めなのだが)。

並のCannonballでさえそうなのに、この"SOUND RIVER"と来たらまるで"加速装置"がついているかの如き瞬発力と、ターボチャージャーでもついているかの如きパワー。

横路師匠は手持ちのMarkVIを"F1並みのポテンシャルを持った軽ワゴン車"と評した事があったが、この"SOUND RIVER"も同じ様な印象を受けた。

いや、若干排気量はこっちが多い気がする。少なくとも馬力は多めだろう。
最新型でパワステも完全装備な感じだ。サスペンションはしなやかだが、相当なハイスピードでもトレースは確実にこなす実力を持つ。車体の剛性も高い。
エアの流れはもっとスムースだから、最新のエアコンも装備だろう。

正直GA1-SBよりも"乗り心地"は数段良い。
非常にハイパワーなのに、街乗りもスムースな大排気量系スポーツカーの様に思えた。
(GA1-SBはどちらかと云えば捻じ伏せて演奏する、"暴れ馬"っぽいのではないだろうか?)

その上、ハイソサエティーな香りもする、透明度も密度も純度も高いサウンド。
音川氏のインタビューなどによれば、"ガサガサ加減が丁度良い"などと評されるのだが、何々所謂クラシックの演奏にも最適と思われる程の"綺麗"な音なのだ。
Cannonballのラインナップ中、最高の"オールラウンダー"と云えるのではなかろうか?


鳴り易い、音が綺麗、強大なパワー。
ここまでは普通のといえば普通のCannonball。
しかしこの"SOUND RIVER"。それだけでは留まらない。

吹けば吹く程に凄さがグイグイ滲み出してくる。
軽く鳴る、と云う印象の反面、"限界値"が中々見えない。
純銀ネックの効果なのか、"石"の効果なのか判らないが、"鳴り過ぎ"と云うのが無い。
ちゃんとトルクを感じる事が出来るし、抵抗感も、軽い割にしっかり手応えがある。
鳴りやすさはそのままに、音像が全くブレずに、どんどん音が伸びて、深くなってくる。

鳴り易い=天井の低い、チープな薄いサウンド、になりがちだが、決して安い音にはならない。
リッチなサウンドのまま、どこまでも届きそうな勢い。
筆者が吹いてもそうなのだから、世の上級者の方々であればもっともっと高品位なサウンドを産み出せるだろう。


だから、演奏そのものに集中出来る。
楽器がストレス無く鳴る。ピッチや音質を気にしながら、と云う事も殆ど無いだろう。
自分はどんなサウンドでどんな音楽を産み出したいのか、それのみが突きつけられる。

だから意外に怖い楽器でもある。

しかも楽器そのものが、未だ未だ"鳴る"事を要求してくるのだ。
すぐ鳴ってしまうのは面白みがなくて、と仰る向きには、昨今の台湾製サックスには物足りなさを感じておられると思う。
が、この"SOUND RIVER"で是非認識を変えて頂きたい、とも思う。
じわじわ、グイグイ。
音の川に飲み込まれないように気をつけて、自分のオリジナルなサウンドを構築して欲しい。

ポテンシャルは充分にある。
-----------------------------------

Cannonballについては(過去このblogでも何度となく書いているけれども)ルックスからくる先入観が、良いにつけ悪しきにつけ大きく作用する傾向がある。
JAZZ専用なんでしょ?バリバリ云うしかないんでしょ?見た目だけなんじゃないの?的な、蔑視とも取れる印象を持たれているのでは、と思うのだが(被害妄想だろうか??www)。

実際この"SOUND RIVER"はそんなつまらない論争や偏見など、旧態然としたプレイヤー業界を一発で吹き飛ばす程のポテンシャルを備えている、と感じた。

明らかにGA1-SBとは2世代分違う。相当の進化を遂げた、凄まじい楽器だ、と思う。


Cannonballと云うメーカーは、こんな楽器を作れてしまうのだ。
どこか畏怖の念に近い感情が芽生えたのはウソではない。


国内限定50本。
決して安くは無い。
しかし、勿論贔屓目だけれども、例えば価格帯が同じ、某超有名ブランドの有名モデルと吹き比べたとして。
純粋にサウンドやレスポンスだけで選んだとしたら、果たして多くの人はどちらを選ぶだろうか?

いや、本当わからんよ。



*試奏時データ:
Lamberson 6M + Harrison Harts Ligerture GP + WOODSTONE Lead #3-1/2
BARI DECOTA(Cannonball)#5 + WOODSTONE Ligerture SatinGold + WOODSTONE Lead #3-1/2
H.Selmer S80-C☆ + Vandoren Masters Lacquer Ligerture + WOODSTONE#3-1/2

■試奏協力:ヤマハミュージック関東 新潟店

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
♪この道は いつか来た道(2009 初場所)
恒例の内部リンク対策です。 ...続きを見る
HIGH BLOW
2009/01/07 15:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰してます、Kです。
週末にSoundRiverではありませんが、GA1-SBの後継機のGA5-SBを試奏してきました。
ほんと、明るくて元気でパワフルな楽器ですね。密度感のあるサウンドはさすがだなと思いました。楽しくて1時間ぐらい試奏室を占拠してしまいました。。。
個人的にはFATネックよりオリジナルのブラックニッケッルのネックの方がバランスが良い気がしましたが、銀メッキのFATネックも吹き込んで鳴ってきたら凄いんでしょうね。
本当は最近常用のビーチラーのメタルで試したかったのですがコルクがきつくて入らなかったのが残念です。

そして、GA1-SBを熟知してらっしゃるD-Oさんがベタ褒めのSound River、きっと凄まじい楽器なのでしょうね。
K
2007/05/20 23:39
>>Kさん
どもです。"STONE"は本当にドッカンドッカン鳴ります。
手持ちのGA1-SBもDukoffなんかだとドッカンドッカンいっちゃいます。
そこを"あえてのラバー あえてのダークサウンド"を求めてあげると丁度バランスが取れる感じです。
Sound Riverはそこから1ランク上にいる感じですね。
チャンスがあれば"あえての購入"いっちゃっても良いんじゃないですか??(ww
D-O
2007/05/21 19:56
>チャンスがあれば"あえての購入"いっちゃっても良いんじゃないですか??(ww

我が家にもう一本サックスが増えたら、確実に嫁に愛想つかされてしまいますよ(笑
でも、Ravenでもいいから欲しいな〜
K
2007/05/25 12:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
CANNONBALL A5-SB 50ANN "SOUND RIVER" HIGH BLOW/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる