HIGH BLOW

アクセスカウンタ

zoom RSS ★何気なくCannonballを語ろうか(4 … T5 iceB

<<   作成日時 : 2006/04/17 09:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 11

今度はテナーだ!!(w

ってな訳で、段々ファンキー度が増して来ている地元老舗楽器店では、現在Cannonball stone series T5 iceBが展示されている。
とにかく口の悪い師匠も「…いーぃじゃなぁい、これぇ」と例の口調で絶賛した、と聞いた(←御存知の方は、あの声で読んで頂きたいww)。

地元に砲丸が飛んで来たとあっては、こちらも飛んで行かない手は無い。
------------------------------------------------------------------------

まぁ、流石な訳だ。基本的に文句の付けようが無い。
多少作りがデカいだの、大味だのと云われても特段気にするレベルの事では無い。
"音密度の濃さ"は流石だ。
今回はYanagisawa METAL#7 + Vandoren ZZ#3とSelmer S90-180 +Rico Jazz Select3 hard filedで試奏した。


よくダークだ、ゴリゴリだ、と云われるがCannonballのテナーは基本的に"陽性"。
特に"Raven" iceシリーズは少しばかり硬質で張りのある出音が特徴的だ。
かと云って明る過ぎるか、と云えばそうでは無く、柔らかく吹けないか、と云えばそうではない。
響きがまとまっていないか、と云えばそうでは無く、輪郭のはっきりした、芯の通った音が出て来る。
音が薄いか、と云えばそうでは無く、相当の"深み"も持ち合わせている。
きちんと吹き手についてくる従順さ、しなやかさも兼ね備えている。
本当愛い奴。
(GT5-SBあたりでは、ここにシルバーフィニッシュならではの"タイトさ"と"重さ"、更なる"深み"が加わるし、"Mad Meg"ではガサガサした野太さが加わる)

管の中の"気柱"が鳴ってる実感がキーを伝わってくる。鳴り方の充実度は特筆すべきだろう。
叉、大きめのベルの影響なのだろうか、金管経験者の耳からすればかなり"HORN"っぽさがある、と感じた。
ラッパ関係の皆さんとの混じり方は良いだろう。最強のホーンセクションが出来る事、間違い無い。

特に今回の個体は本体と同じフィニッシュであるサテンブラックニッケルのネックが抜群に良く、音の統一感、バランスなど、その明るめの性格を存分に引き出していた。
(シルバーフィニッシュは鳴るまでにやはり時間が掛かる)
若干調整が甘めだったが、買うならその時に「見ておいて」の一言で済む訳だから問題無い。
実際きちんと直した後なら更に凄いぞ、と思う。
(きちんとしてから店頭に置けよ!と云う意見もあろうが、それは勿論その通り。しかしながら全くのイレギュラーで入荷しているものだし、今回ここで云う"調整"はあくまで好みの範疇なのでこれで良い)

いやいや、今の経済状況じゃ買えませんて(泣

しかしながらソプラノも含め、テナーまでCannonballでコンプリートってのは相当憧れる。
(バリまでは活動範囲を広げられそうも無いので残念ながら却下。でもアメリカではCannonballバリトンの評価は滅茶滅茶高いらしい)
-----------------------------------------------------------------------------------

ちょいとCadesonを引き合いに出したいけれど、例えば良く調整されたT-900SWGの重心の低さ、音の太さは脅威的だった。
全くの私見ながら、残念ながら某有名ブランドの往年の人気モデルを意識した機種とは比較にならない。
物凄く太い音が塊で飛んで行く。この爽快感は中々味わえるものでは無い。

叉、知人の持つ、調整から帰って来たMarkVIIが同様にヘヴィーで良い。
本当に調整は大事だ。MarkVII本来の極太の重量級サウンドが蘇ってきた。
この辺のヘヴィーな楽器は個人的に大好きで、ボフボフ云わせるのもゴリゴリ云わせるのも張り合いがあって良い。

しかしながらその音の"重さ"、"濃い音"が扱い切れない事もあるし、そもそも"好き嫌い"の部分だから色々感じ方があって然り。
"ハスキーで軽めの枯れた系"の方が所謂JAZZYな音、として捕らえられる事も多く、その辺の耳で聞いている向きには他のブランドの有名機種の方に軍配を上げるだろう。


そんな中、このT5-ice b、実にバランスが取れている。
今回の個体が特にそうなのかも知れないけれど、先に上げた2機種よりは、その"重さ"は無い(楽器本体は一番重いかも知れないがww)。
が、しかし先述の様に音の密度はとても濃いし、重過ぎない処が非常に扱い易いと思う。
音の明るさも相まってある意味、とてもニュートラルな部分もあると思う。

巧い人ならどちらにも行けるのだろう。自分のつたない腕でも、その辺のポテンシャルは感じる。
ホーンセクションの中でパリっとサクっと行っても、ビッグバンドでゴリゴリ行っても、コンボでボフボフ云っても、出ても引っ込んでも、OKだろう。
しかもその音の存在感は変わらない。音の充実度はやはりピカイチだ。

もしCannonballで"ボフボフ系"、と云う事であれば"HOT SPUR"は良いようだ。
以前楽器フェアで音を聞いた際には、他のモデルに比べエッジーな部分が抑えられた印象を受けている。
それでいて音の太さは変わらない訳だ。


Cannonball全般がそうなのだけれど、やはりあの超個性的なルックスで要らぬ誤解を招いている節もある。
その実テナーは非常にニュートラルだし、ソプラノは非常にジェントル、その意味ではアルトが一番やんちゃかも知れないが、それだってGA5-SBでもなければ扱い易い事この上ないし、どれをとっても"濃い音"がするのは間違いない。

"すぐに良く鳴ってしまうから、すぐ頭打ちになってヘタるんじゃないの?"と懸念される向きもあろう。
ここは慎重に見ないといけないと思うのだけれど、実際この辺の評価を出すには未だ速過ぎる。
最低もう4〜5年はしないといけない。
しかしながら(勿論フィニッシュの影響も大きかろうけれど)我がGA1-SBは1年半を経過し頭打ちになるどころか、いよいよこれから、と云う処もある。
鳴るんだけど、安い音はしない。ここはショップの店員さんとも共通の見解だ。

だから物の良さ、素性の良さは間違い無い。もっと売れてても良い。
関西方面では最近CannonballもCadesonもかなり売れ始めた。コストパフォーマンスに(文字通り)うるさい皆さんの評価が高い、と云う事になる。

ま、でも、ちょいと国内価格が辛い部分もある、か、な?とは正直感じている所ではある。
Sam Ashあたりの価格を見てると、アメリカへの輸入ルートの問題なのだろうけどもYAMAHA、YANAGISAWAは高級品で、Selmer、Keilwerthはそこに"超"が付く。
殆ど遜色の無い楽器が、あのクオリティでこの価格か!?と本当に驚く。
逆に日本では優秀な国内ブランドが2つもあるし、ヨーロッパとのパイプも太いから、その他の国のものは"その他"になって、条件面では辛くなる事も多いのだろう。

いずれにせよ、もっと沢山のプレイヤーに行き渡る様、関係各位には頑張って欲しいと切に思う(凄い偉そうwww)。

まぁ、自分が買う頃に、も少し安くなってて貰いたい。そんだけの話しだ(本音)。

*追記
これまでの"何気なく"シリーズはこちら
その1
その2 A5-B ice
その3

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
♪この道は いつか来た道(6月度
昨日締切に間に合わせようと数百回の"Ctrl+C""Ctrl+V""Ctrl+S"を繰り返した挙句、途端に休みになってしまったので、ムシャクシャして更新してしまおうと(意味不明)。 ...続きを見る
HIGH BLOW
2006/06/07 11:40
何気なくCannonballを語ろうか…T5-B
3回シリーズの3回目。これぞ"Cannonball"とでも云えよう。T5-Bだ。 ...続きを見る
HIGH BLOW
2006/06/21 20:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
ふふふっ、熱く語ってくれてますね!

小生がCannonball T1 MadMeg を使い始めて2年8ヶ月 更に底知れぬポテンシャルが隠されているような気がする今日この頃です。
Low B♭なんぞ音出しすると左右の指先から管の振動がビリビリと伝わってくるのです。
この快感は他の数ある某有名メーカー等のものからは感じられませんでしたよ!

ほんと、金さえあれば全種類のフィニッシュ揃えたいくらいなんですよ www
青龍
2006/04/18 11:57
お久しぶりです。

音川モデル『Sound River』気になりますね〜。銀製ネックだけでも
欲しいかも・・・。別売りで販売してくれないかな?

現在2本のネック共にコルクが剥がれてしまったので、
これを機会に調整に出しています。(GT1-SB)
前から気になっていた左手テーブルキーのスプリング調整と
パッドの貼り直しをしている所です。

GA1-SB&GT1-SBのモデルは販売時期が短かったので、意外と価値が出たりして。(特にGT1-SBは日本に何台入荷したのだろう)
未だストーンシリーズを試奏したことがないので、一度試してみたいです。

RYU
2006/04/18 23:07
>>青龍さん
どもです。ともかく全く同じモデルなのに、フィニッシュであれだけ性格が変わると、面白いを通り越して感心しますよね。
これはYanagisawaの材質違いにも云えますけど、少なくともプレイヤーの感覚により近いものを選べるってーのは良い事ですよね。
私がCannonballのテナー買うなら、Mad MegかGT5-SBかで相当悩むと思います。はい(www
どうも楽器は"やんちゃ"なのが好きらしく(w)、Ravenみたいな良い子では物足りないのかも(www
D-O
2006/04/19 09:21
>>RYUさん
どもです。某所の情報では「SOUND RIVER」凄いらしいですよ。
STONEのネックについても、未だ別売可能かどうか、の返答を貰ってません(www
何でも、調整>出荷時に、本体とのマッチングを相当煮詰めるらしく、別売なんて考えたこと無い、的は話は聞きましたけど…。

私のGA1-SBは最初に輸入された2本の内の1本です。RYUさんのもそれに近い位のロットじゃないんでしょうか?
実際注目され始めたのは本当ここ最近の話だって事もあるんでしょうが、意外に去年前半位はジェラルドモデル、モノはあったらしいです。
でも最終的に何本輸入されたのか、それは気になりますねぇwwww
D-O
2006/04/19 09:21
はじめまして、音川さんモデル買いました。
アルト経験半年の超初心者ですが吹きやすく、シルバーのネックでも楽に息が入り、太く重い音が出せます。大変気に入りました。
色々レポートできればよいのですが、比較できる技量がありません。現時点では、管体やキーの銀メッキ部分に小キズが多いことくらいでしょうか。(^^;
jazzy60
2006/04/28 12:35
>>jazzy60さん
いらっしゃいませ!そうですか!SOUND RIVERご購入おめでとうございます。
現時点ではCannonballの中でも最高ランクの楽器です。さぞかし凄いんでしょうねー。その存在感。
とにかくどんな話題でも結構ですので、どしどしお寄せ下さいませ!!
D-O
2006/04/28 23:51
こんばんわ^−^

jazzy60さん、はじめまして
音川さんモデルは高すぎて買えなかったので、ジェラルドモデルを買った者です^^;

>管体やキーの銀メッキ部分に小キズが多い
僕のも小傷が多いです。
他の銀メッキモデルを見たことが無いのでそういうものだと思ってました・・・・
でもゴールドラッカーもよく見ると傷というか磨いたあとが付いているので、色の差で気になるだけなのかも(?)
どうなんでしょうね^^;
morix
2006/04/30 00:57
はじめまして。
T5RAVENを購入して2ヶ月目の煩悩109と申します。
Cannonballで検索してたどり着きました。
私の愛機も少々メッキのムラやひっかき傷、キーガードとボディの半田の部分などなど、アラを探せばいくらでもでてきます。
だけど離れてみればまったく気にならないですし、なによりも鳴り方が凄くいいんですよね。
もう両手にビシビシと伝わってきます(笑)
正直、普段使いのSA80SPより使えます。

やっぱり大好きです、Cannonball。
煩悩109(公認)
2006/05/07 14:46
>>煩悩109(公認)
いらっしゃいませ。
そうですかーSA80より良いですかー(ww
何せ我らがCannonball、出音1番ではありますからね。
確かに表面の仕上げ云々も大事な要素です。そこに注意して作られている、と云う事は全体もキチンとしてる、って事に繋がるんでしょうから。
そこんところも今後改善されると良いんですが。
コメントありがとうございました!
D-O
2006/05/07 20:11
あ、すみません。煩悩109(公認)さんへのレスに"さん"つけ忘れてましたー!!!
大変失礼致しました!!
D-O
2006/05/13 18:00
いえいえ〜呼び捨てでもぜんぜん構いません。
むしろ「さん」付で呼ばれると照れます(笑
今後、仕上げが良くなると目移りして買っちゃいそうで怖いですね。

あと、迷いを断ち切るためにSA80は養子に出しました。
煩悩109(公認)
2006/05/17 01:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
★何気なくCannonballを語ろうか(4 … T5 iceB HIGH BLOW/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる