HIGH BLOW

アクセスカウンタ

zoom RSS ★私 里歌 里歌ちゃん♪ …サックスの"リガチュア"

<<   作成日時 : 2006/03/08 13:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

タイトルについては、特に意味も無く、まぁ、"世代"なので勘弁して欲しい。ちなみに自分のフェイバリェットは「なかじー」だった(www

=============
このエントリーは公開から3年以上経過していますが、アーカイブ化までの間現状のまま公開致しております。
=============

さて、このblog開設時の話だからもう1年ほど前になるけれども、こんなエントリーを作ってみた。

その先々年に、伊東たけし氏が愛用のHARRISON HARTSについてボヤいておられた事もあり、又自分でもHARRISONの愛用者だったもんだから突発的に書いては見た。

今回はそこを膨らませながら、つらつら書いて見たいと思う。
--------------------------------------------------------------

最初は訳も判らず、MEYERについて来たリガチュアをこれでもか、と締めていた。
ついていた師匠はリガチュアの締め方すら教えてくれない方だが(これは決して不親切な訳では無いのだ)、おかげでそこから色々知るきっかけが出来た。
(そういえばあのMEYERはどうしたんだろう。ISHI○ASHI WIN○ PALさんあたりに引き取ってもらったのだろうか?)

基本的に社会人になってから楽器を始めた身としては(勿論それ以前にも音楽はやっていたが、全く初めての楽器に触れた、と云う点においては、と云う意味だ)、様々な"ハードル"が存在する。

これはどの楽器でもそうだし、スポーツでもアートでもそうなのだが
・学生の頃は金が無く、ヒマと勢いがある。
・社会人は金と情報はあるが、ヒマと勢いが無い
訳で、結果練習に費やす時間というのが勢い少ない訳だ。

そんな中で考えたのが、「如何にして短時間で効率の良い音作りが出来るか!?」と云う事だ。
勿論、少し考えれば「少ない時間で巧くなる」なんて事は度台無理な話なのは判る。
だからこそせめて、音色や吹奏感など、演奏以外の部分での研究に走る事になる。
これは自然な動きだ。
その為には"道具"をどうこうするのが、一番手っ取り早くて一番効果がはっきり表れる。
だからサックスの"道具ヲタク"というのは、社会人が圧倒的に多い。

最初に凝るのがリード。何せ取っ付き易いし、そこそこ効果も体感出来る。
次にマウスピース。やおらオールドに走る人、地道に番手や開きを吟味する人、個体差にとことんこだわる人、何かに目覚めてDukoffやARB、DAVE GUARDALAを手にする人(w)と様々な人間模様が繰り広げられる。
もう少し余裕があれば楽器本体を換える事にもなろう。「やっぱReferenceだよね!」と嬉々としている、その「充足感」がまずは大事だ。

しかし、それらのどれよりもパーソナルなアイテム、これがリガチュアだろう。



リガチュアに関して、色々な話を聞いてきた。要約すればこんな感じだ。

・演奏者が思う程、音には影響して来ない
・が、吹奏感には大きく影響を及ぼす
・リガチュアの違いよりも、リード、マウスピース、ネックの違いが大きいし、何より重要度が高い
・リガチュアの違いなど全く気にしない事も多い

至極ごもっともな話ばかりだ。

個人的にもWOODSTONEとHARRISONで、出てる音にそう大きな違いは無いだろうなぁ、とは思う。
以前に知人がリガチュアを購入する際、幾つかリガチュアを並べて3人程で出音の比較をした事があるが、その際、違いと云うのは"比べて初めて判る"程度のものだなぁ、と感じた。
勿論かなり注意深く聞いていけば、その違いは非常に明確なのだ。
しかしながら、それはリスナーには取り立てて大きくは伝わらない部分の話だ、と云う部分もある、訳だ。
むしろ、直接的に音色に反映する、のでは無く、演奏者が感じる"音色"や"抵抗感""吹奏感"に影響する事で、そこから派生して演奏のダイナミズムや結果的な音の印象="音色"に反映されるものなのだろう、と云う処に行き着く。

云ってみればマウスピースよりもリードよりも、よりパーソナルなものである事は間違いない。
マウスピースとリードで作られた音が、楽器で増幅される前に、リガチュアによって若干の影響を受ける。
奏者自身がようやく気づく程のものではあるけれども、"吹奏感"に影響する=演奏に直結しているものなのだから、それはかなり大きいファクターにもなりうる。
実際、リガチュアの材質や重さはリードの鳴り方(音量や音色)と密接な関係を持つ。
リードを締め付けている訳だから、リードの振動に対しての影響は大だ。
(この"締め方"というのも実に奥が深く見える)

個人的にはリガチュアの与える影響、と云うのは"イコライザ"なのだと思うのだ。
暴れん坊のDukoff + LaVozであっても、リガチュアが例えばBGやROVNERのレザー製であれば、高次倍音は幾らか抑えられてくる。
そのままではモゴモゴ云いがちなマウスピース + リードでも、ライトタイプの金属製リガチュアを使えば、幾分華やかさが足される部分もあろう。
マウスピースに付属しているリガチュアの中には、比較的出来に問題を抱えるものも少なくないように思う。
そんな時には、やはり別で出来の良いものを求めれば、そのマウスピース本来の持ち味が発揮出来る事だろう。


第一義には"リードをマウスピースに固定する"と云う事になるのだが(だから結束バンドなどを用いる向きも多い)、これはこれで奥の深いものである事には違いないだろう。

-------------------------------------------------------------
自分の好みとしてはいわゆる"ライトタイプ"なリガチュアが好みである。
リードの鳴りをスポイルし辛い、それでいてきっちりホールドしてくれる、しかも音色にメタリックなフレーバーのする、そんなリガチュアが好みな訳だ。
(ギターで云えば丁度ペグのようなものか。さしずめシャーラーあたりが好き、と云う事になるんだろう)

だからアルトでは随分長くHARRISONを愛用して来たし、現在ラバーの方ではWOODSTONE、メタルの方ではGLOBALさんの復刻HURRISONを手に入れるべく算段をしている。

クラリネットの方もマウスピースを換えたと同時に、リガチュアもBGをWOODSTONEに換え、息の詰まり感や、くぐもった音色も改善出来ている。
(そもそもがビッグバンドでの使用が前提なのでこれでよいのだ。しかしよく鳴っているこれを吹奏楽に持ち込むのも悪くない筈だ)

WOODSTONEは流石のクオリティだ。緩めに締めてもリードのずれも殆ど無いし、鳴り方もシュアで豪快で正に好み。ヴォリュームもかなり出せる。
しかしながらHURRISONあたりに比べれば非常にシックな鳴り方だし、抵抗感も強めなので、落ち着いたサウンドも得られる。
特にサテンフィニッシュのものはこの傾向があるように思う。
若干音が散り気味傾向の固体はあるのだが、今回満を持してアルト用に導入してみたサテンゴールドのものは、そんな中でも比較的整った音が出てくる。

アルトのラバーに関しては先発WOODSTONE、リリーフHARRISONと云う継投策が出来たので、もう余程の事が無い限りはしばらく変える事は無さそうだ。

又、時々練習で用いるH.Selmer S80-C☆にはVandoren MASTERSを使うし、別で持っているSoloist ReIssueやRalpf Morgan Excalibur 7Eでは中島楽器さんプロデュースのBUZZリガチュア(BONARD)のピンクゴールドを使っていて、非常に快適だ。

ソプラノのリガチュアは正に試行錯誤の繰り返しで、非常に辛い思いもした。
現在はマウスピースがH.Selmer SUPER SESSION#F("G""H"にしないあたりがパートタイマーの切なさだww)だが、リガチュアは最初に買ったYANAGISAWA #5についてきたものをそのまま使っている。
軽量でちょいと不恰好(失礼)だが非常に鳴る。
Vandore OPTIMUMも持っているが、自分には少々重過ぎる様だ。

テナーではYani METAL#7がメインなので付属のものを粛々と使っている。
そのうちBerg Larsen Rubber 100/1/SMSを吹く事になれば、アルト用のVandoren OPTIMUMがあるので、それを流用するだろう。

又、機会があれば、以前使っていたYaniの「魔法のリガちゃん」を再度試してみたい。
当時はあの豪快な響きを制御出来なかったが、今ならどうか、非常に気になってはいる。


さて、この余ってるB○達をどうしようか…ごめんねムッシュBichon。








◎Selmer PGP-リガチャー アルトサックス用 ◎Selmer PGP-リガチャー アルトサックス用

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
♪この道は いつか来た道(6月度
昨日締切に間に合わせようと数百回の"Ctrl+C""Ctrl+V""Ctrl+S"を繰り返した挙句、途端に休みになってしまったので、ムシャクシャして更新してしまおうと(意味不明)。 ...続きを見る
HIGH BLOW
2008/05/20 02:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
★私 里歌 里歌ちゃん♪ …サックスの"リガチュア" HIGH BLOW/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる