HIGH BLOW

アクセスカウンタ

zoom RSS ♪この道はいつか来た道(2月度)

<<   作成日時 : 2006/02/12 22:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

そんな訳でございまして。インフルエンザで倒れたのを良い事に更新しまくってます。
久し振りの棚ざらえでござい。

=============
このエントリーは公開から3年以上経過していますが、アーカイブ化までの間現状のまま公開致しております。
=============

えらいこっちゃえらいこっちゃ

本当ね、あの、昔の楽器が好きでたまらないミュージシャンには世紀の悪法と呼ばれる事必至でしょう。
つまりは雅楽の楽士の皆さんから篳篥や笙を取り上げるようなもんです。運転手さんから車を、料理人から包丁を、絵描きから筆とキャンバスを、biglobeさんからサーバを(w)、政治家から有権者を(wwww)取り上げるのと同じ事なんですけどね。
つまりここから先の音楽制作は全てPC上のモデリングで行え、と云う事です。

いやでしょ?

確かに"安全"に代えられる物はありません。何かあった時の悲しみに代えられるものもありません。
が、同時に"文化"に代えられる物も無いのです。
もう、古い楽器・音響機材類は"製品"では無く、音楽文化の一部だから。

まずはbloggerの方達、沢山のトラバを飛ばしてあげましょう。どこに?? そりゃ、ねぇ。お判りでしょう(wwww

どうにも止むに止まれぬ状況があるなら、もっと堂々と盛大に告知すれば良い話です。
何らかの解決策も、部分的な妥協も産まれようと云うもの。
こちょこちょ業界内だけでやられたんじゃ、本来消費を担う筈の末端ユーザーは判りませんし、たまりませんて。

追記)
■ITmediaニュースに関連記事が出ました。こちらから。
■日本シンセサイザープログラマー協会で署名活動実施中です。
シンセプログラマーには鳴り損ねた私ですが(w)きっちり署名はさせて戴きました。
是非ご協力下さい。
http://www.jspa.gr.jp/pse/

□何気なくCannonballを語ろうか(1 (2 (3

去年の楽器フェア以来、Cannonballの認知度をあげられるもんならあげてみようか、と思い、機会を伺ってました処(w
たまたま音川さんモデルの話や、地元の楽器屋さんに偶然入荷したA5-B iceがあったもので調子に乗って書いてしまいました。
遂にWIND BROSさんでも取り扱いが始まりましたね(去年の年末は流石にそんな素振りは無かったんですが…)。
中々反論のコメントも来ないので(www)頭に乗って今後もどんどこ行かせて戴こうと思います。

でも、吹けば絶対良いって判るもんなぁ。好きか嫌いかは別として。
誤解を恐れずに書けば、例えばH.Selmerは最高のモノとして、YAMAHA、YANAGISAWAとあって、B・CramponやらJ.Keilwerth、それらを置いてCannonballを手に取る事、と云うのはやはりプライドが許さない方も多いんじゃないでしょうか。
それは判るんです。それこそF1で云えばフェラーリ、マクラーレン、ウィリアムズみたいなものですからね。H.Selmerのポジションって云うのは。
それを好き好んでわざわざ得体の知れない新興ブランドのマシンに乗り換える、と云うのはそれは中々出来ませんわね。しかも見た目がかなり派手だし(ww
昔はね、それこそ1$=360円の時代に、必死こいて買った訳ですよ、H.Selmer。
舶来の、最高級品ですよ。音も良かったし、ね。造りも良いんだ、これが。
で、外貨と円のパワーバランスの影響で、手に入り易くなったし、今風になったけど、でもやっぱ変わらない訳ですよ。ブランドイメージってのは。
それは流石にH.selmerです。事実間違いの無い楽器です。

でもねぇ、今の時代Cannonball知らないのも、それはそれで勿体無い事だと思いますねぇ。特にテナーとバリ。
それこそH.Selmerみたいな、キラキラッとした輝かしくて深い、って感じじゃ無いとは思うんですけど、太さ、パワー、重さ(これは楽器も、だけどww)、密度、どれを取っても魅力的である事は変わり無いと思います。
特にテナーなんて、かなり軽快に吹ける割に出て来る音がもう、凄くて(w
だから以前のエントリーにも書きましたけど、今が一番選択枝が多くて、一番充実してる時代じゃないですか。サックス業界。

Cadesonはその急先鋒でしょうが(Cadesonの事を考えると、インターネットって凄いなぁ、と思います)、ioも勿論良いですよ。あれは。
でも、その他の台湾製、国産、フランス製、と、明らかにどれとも違う(これ凄い大事)味を持っている、これCannonballの強い所です。

いやもう、機会があれば是非とも手に取って御覧頂きたい。
最終的に好き嫌いはありますよ。デカすぎる、とか重過ぎる、とか、派手過ぎるとか(ww
それ除いて、まずは認めて頂きたいですね。本当に良いんだから。


こんにちはこんにちは 世界の国から

そんな訳で、あれからもう4ヵ月経とうとしてます。
サックス的には相当面白かったですが、EWI的にはあれから激動の(w)動きがありましたねぇ。
4000sは韓国でもう売ってるらしいですが、いやいや焦る事はありません。
タイミング的にノイズ云々はクリアされてる、とは思えません(w
(今、多分向こうは日本の20年位前のフュージョンブームみたいな感じなんでしょうから、その動きに同調しただけなんじゃないかと)

にしても、まぁ安いに越した事無いとは思いますけど、4000sの価格、未だ高いでしょうかね??
勿論、今の自分の経済状態では買えませんよ。予価の段階でも(ww
でも、そこそこのクオリティを持った、きちんとしたものにはそれ相応のコストは掛かるものだ、と思いますし、そこから類推すれば4000sも決して高いものでは無い、と思うんですが、如何でしょう?

完全にプロユースレベルな出来具合ですから(初期不良ノイズ云々はおいといて:w)、申し訳ないけどもかつてのデジタルホーンと同列には出来ないでしょう。
JWSAの連中も、そんな話こそしてませんが、誰もそうは思って無いでしょうね。
(どうですか? > 皆の衆www)

時々あちこちで"高いなぁ"と云う声を聞くもんですから、そんな事を書いてしまいました。


♪HOLD ON ME 目を閉じて(2)…サックスの"ケース"

個人的に一番好きなのは、やはりFELです。これは良い。少々大柄になってしまうのが痛い所ですね。
そこからするとBAMあたりなんでしょうが、地元じゃ見ません。普通に(w
PROTECですらやっと(w
でも、今は本当付属のケースが良くなりましたからねぇ。これまたえらいこっちゃです。


コロちゃんのチャンバラ大行進
サムライ魂

マニアなので、しっかり深く語らせて戴きました(w

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
インフルエンザでお倒れになったそうで・・・お大事にです。
水分補給と休養に限りますです。

話題の悪法施行前にEWI3000mを最近、石橋楽器さんで入手できました。
よしめめさん(リリコン入手のエピソード)ではないですが、3000mをそばに置いて寝ました。

数年ぶりに使ってみた感じですが、3020mを2台でいろいろやっていたことが1台でできてしまうし音も違いますね。ただ、3020mもマト・モジュ関係でいい個性と音を持っているのでいざとなると手放せなくなってしまいました。
今では3020m2台と3000mが並んでいます。SEM2Vサウンドを再び追っかけ始めました。

あとは4000sで3000mをドライブしてみたいです。
ちなみに漏れ伝わっている価格は安いと思います。私感的には高額ですが、スペックと希少生産、プロがそのまま使えるクオリティなのですからね。
早く4000s+3000mで例のオケ(雲路)を吹いてみたいです。

>音楽制作は全てPC上のモデリング
絶対にイヤです(滝汗)
HM
2006/02/14 19:35
>>HMさん
コメントありがとうございます。
個人的には3020m×2の方がSEMっぽい感じにはなると思いますが、現状ウチでは出来ませんので(www)3000mで我慢です。
4000sと3000mのペアは最高でしょうね。4000s試奏した段階からそう思ってました(w
3000mの"主張し過ぎない感じ"がスレーブとして最適だと思います。
(3020mはもう自己主張強くて強くてwww)
それこそLyrioconの時代に\2、300万、EWI1000の時代に\3〜400000掛かった事が、4000sではUNDER\100000で出来てしまう訳で、これはもう安いを通り越してる、と自分では思うんですが。
D-O
2006/02/17 23:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
♪この道はいつか来た道(2月度) HIGH BLOW/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる