HIGH BLOW

アクセスカウンタ

zoom RSS ♪ねぇマスター 作ってやってよ

<<   作成日時 : 2005/07/04 00:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

例えばこの数年の内に、住んでいる街の食事事情が激変したとしよう。

=============
このエントリーは公開から3年以上経過していますが、アーカイブ化までの間現状のまま公開致しております。
=============

これまでは近所で食事をしようとすると、こだわり和食一筋の老舗「割烹○○」、本格フランス料理で定評がある「○○亭」、定食から高級一品料理までカバーする老舗「御食事処○○」と云った処しか無かった、とする。

これ以上は隣町の頑固なシェフの居るドイツ料理店か、何が食べられるのか良く判らないチェコ料理店までわざわざ足を運ばねばならず、イタリアンや中華は余り美味しいと云える店が無かったような状況を想像してみて欲しい。



ところがこの数年の間に、近所には24時間営業のコンビニエンスストアも出来たので様々な弁当や総菜は常に手に入る様になったし、大手チェーンのファミリーレストランも次々に開店しているので、どこかで食べたもの、今こちらが口にしたい、と望んだものは大概提供されるようになった。

特にこの処、中国人経営の安価な中華を出す店や、"台湾料理"を売りにしている意欲的な店も出て来た。

安価な中華の店では定番の酢豚や麻婆豆腐などを置いているが、何より安さを売りにしているので、場合によっては「これで金取るの?」と文句が出る事もしばしば。

おまけにこれまで「御食事処○○」や他の店への仕出し専門だった店が、独自の"台湾料理"店をつくり、自分達の創作料理を提供するようになった。

"台湾料理"と云うから判らないが、ルーツは北京料理だし、土地柄、広州や香港辺りの影響もあるが、"広東""四川""上海"と云った明確なイメージは伝わって来辛い。
調理は洗練されているし、料理人の腕も悪くないがメニューによって出来不出来が多い、と評判が立った。



そんな中、自分にとっては大変重要な出来事があって、思い立ってどこかで食事をする事になった。


まぁとりあえず腹が満たされるのであれば、何だって良い、と云う向きならばコンビニでも良いのだろう。スナックやジャンクフードでも腹は満たされるし、それなりの楽しさもある。

又は、どの時期に何時云っても、自分が選んだオーダーが完璧に揃うファミレスで、ドリンクバーは勿論の豪勢なセットメニューと云うのもありだろう。

何だかんだ云って安く済ませたいんだよ、と云うのであれば安価な中華なのか。

いやいや、折角なのだからどうせなら良いものを食べたい、であれば、と店を選び始めた時、最近料理の出来が芳しく無く、出て来るまでが遅くなったと聞くが定評はある「○○亭」にしようか?「御食事処○○」は普段行き慣れて安心出来るのだが、特別な時にまでどうかなぁ、とを思ってみたり、「割烹○○」は何せ老舗だから敷居が高く感じるんだよなぁ、と思ってみたり。

特別な時なのだから、これまで余り縁の無かったドイツ料理や台湾料理、チェコ料理も味わってみたい、と思ったり、やはり名の知れない新しい店は不安になってみたり。



こんなもん、人それぞれだ。

それぞれがその時旨いと思うものを、経済的な条件の許す限り腹一杯食べれば良いのだ。
但し、「どこの何が旨いんですか?」とか「私にはどこが合ってるんでしょうか?」「私は何が食べたいのでしょう?」と聞かれたら、どう答えたら良いんだろう?

これはもう、自分が良いと思うものの中から相手の事を考えて、自分なりに合うと思うものを薦める事しか出来ない。聴いた人の味覚や価値観を100%理解した上で、その時の状況を反映した完璧な解答など出る訳もない。
まして「その時にはそう思ったけど、良く良く考えてみたら、あっちが良かったかも」などと云われた日には目も当てられない。
得てしてそんな事は起こり得るもんだ。



楽器をやりはじめると、それはもう食事の様なものだ。

3食きちんと、と云うのではないが食べる以上満たされたい、と思うし、絶えずもっと旨いものが欲しい、と思うようになる。
たまにしか演奏しないが、演奏する以上は満たされたい、と思うし、絶えずもっと良い音が出したい、と思う様になるだろうからだ。
より良い味が出るような調理のし甲斐がある材料であれば、努力のし甲斐もあると云うものだ。

まして毎日の様に演奏する場合、とたまにしか演奏しない場合では選び方も変わってくる。
毎日の様に演奏する > 食べるのであれば、基本的に材料面も栄養面でも調理面でも充実したものでなければ食べ続けるのは大変だ。

勿論それなりのコストと手間と、概ね味が判る程度の"味覚"を揃える必要はある。

ジャンクフードでは食べ続ける事で体に害を及ぼしかねないし、コンビニ弁当、ファミレスではむしろ"食べ続ける"事の方が根性が要る。
たまにしか演奏しない > 食べないのであれば、味がどうの栄養だの材料だのの前に、人がどう云おうが本当に食べたいものを選ぶべきだろう。

例えそれが激安だろうと何だろうと、所有欲を満たせれば良い、とか、限り無く予算が無い、とか様々な自分の条件をクリアしているのなら、自分の責任において手に取れば良い。
但し、現状、所謂激安系は、後で腹を壊す可能性は高い。

食事も音楽も、生活を豊かに満たしてくれるものだ。

しかしそのスタンスは人それぞれだし、何より"味覚"も人それぞれだ。

結局は自分のやり方、自分の味覚、価値観に基づいた事しか云えない事を、質問する側は質問する事をチョイスした自分の責任において再確認するべきだ。

自分が欲している条件を整理して、優先順位をつけ、最も多く満たすものを最優先選択候補とする、と云う極めて事務的な選択の仕方が、一番後腐れないのだろうが、場合によっては同時に最も味気ない選択の方法にもなり得る。

究極は自分のオーダーを100%反映するものを作ってもらうしか無い事になるのだが…。
まぁサマンサもジーニーも嫌がる類いのオーダーだろう。
しかし、その選択はその時その場合においてその個人の責任においてした事なので、特段周りに害を及ぼすようなものでなければ、周りが兎や角云う事でもない、と云う事だ。


偉く抽象的な話ばかりになってしまったが、云える事は、CannonballにしろCadesonにしろ、良いものは多い、と云う事だし、PrimaYanagisawaは安心して手に取る事が出来る、H.Selmer、YAMAHA、Keilwerthについてもそう。
今年は「楽器フェア」がある。どんな新しい楽器に出会えるのか、今から楽しみでならない。


個人的にはAmatiとチェコ料理って、すごく興味がある。誰か店を知らないか??

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
♪ねぇマスター 作ってやってよ HIGH BLOW/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる