HIGH BLOW

アクセスカウンタ

zoom RSS ★io AS 1065 GL

<<   作成日時 : 2005/04/18 11:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

この1〜2年程の間で台湾製サックスの品質向上が目覚ましい、と云われる中でも急先鋒にあたるのがこのio(イオ)であろう。

=============
このエントリーは公開から3年以上経過していますが、アーカイブ化までの間現状のまま公開致しております。
=============

元々はJUPITERと云うブランドがあり、サックスに関しては日本での輸入元である(株)グローバルが技術指導・開発協力をし、一連のラインナップの上位機種としての位置付けで"io"と云う新しいブランドを立ち上げた、との事だ。
今ではioブランドのユーフォニァムもある。競争力がついてくれば、他の管楽器でもioブランドのものが出て来ても可笑しくは無い。

JUPITERそのものは1930年に立ち上がったらしい。私が認識した最初の台湾ブランドである。私が知った'80年代当時はYAMAHA等のコピーものが殆どで、価格は確かに安かったが特に目新しいものは無く、又品質の評価も"やはり国産か有名ブランドでなければ"と云わしめる程度であった事を良く耳にした。

しかしながら今現在のJUPITERも含めこのio、中々の代物だと思った。

管体全体の印象はSelmer SA80-IIを基本にしているのか、と思うが幾分細身でもある。
キーの作りが非常に堅牢な印象でエッジも立っている為レイアウトも幾分大きめな印象を受けたが、特段アクションに支障がある訳でも無くスムースに運指が出来る。
ただ手の小さい女性などは小指キーの角が引っ掛かり気味になる場合もあるかも知れない。
管そのものもずっしり重みを感じる。事前の情報でSelmer Mark VIと比較云々などがあったのだが、そのつもりで持つと裏切られる。どちらかと云えばヘヴィーウェイトな部類かも知れない。テーパーは開き気味かも知れない。

息を入れてみて驚いたが、その反応の良さたるや特筆すべきものがある。
実に丁寧に反応してくれる。
作りが良いのだろう。ネック、ボディ、キー全てが一体となって鳴っている印象がある。当たり前では無い。意外に"パーツ毎の鳴り"を意識する事は多い。
非常に明るく、おおらかに豪快に鳴る印象がある。最近の台湾製は、この"明るい豪快さ"が一つ特徴かも知れない。
楽器そのものが持つパワーは相当なものだ。それでいて軽薄な音では無い。
とても純度が高く、U字管あたりに重心がある、腰の座ったしっかりした鳴り方をする。

倍音の当たり方もシュアだ。設計の良さが伺える。キラキラしたブライトなエッジも出ているし、サブトーンでも輪郭がぼけ過ぎない。"芯"はかなりはっきりしている。

しかしながら、試奏段階では響きが散り気味でまとめる事が難しかった。
自分のテクニックに寄る部分は差し引いても、通常のラッカーフィニッシュでは意外に鳴りを制御するのは骨かも知れない。
その為か輸入元のグローバルではフィニッシュ違いのモデルを数点ラインナップしている。
今回はラッカーモデルのみの試奏だったが、シルバープレイトの物では又違った、絞まった、深みのある響きや遠達性をも持ったものであろうと推測する。この鳴りにプラスされるかと思うと楽しみだ。
オリジナルなサウンドをじっくり作り上げて行くプロセスは充分に味わえる印象だ。

直後にSA80-IIと比較をしてみたが、SA80-IIの場合はやはりSelmer独特の、どこか高貴な華々しさと深み、厚みを感じた。
決してその点でioが劣っていると云うのでは無く、単に"好みの問題"と云える高いレベルの話しになっている、と感じた。
実勢価格を考えると、かなり高いコストパフォーマンスを持つ事になろう。充分安心して手に取る事が出来る。







◎IO(イオ) Alto Sax AS-1065GL Web Special Set ◎IO(イオ) Alto Sax AS-1065GL Web Special Set

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
♪この道は、いつか来た道♪
□伊東たけしソロ作品 「HIGH BLOW」 「T.K.COVERS」 「VISIONS」 「LOVE」 色々喧しく云われてますが、何だかんだ云って彼は凄いです。 テクニックだ何だって云えば彼よりも巧い人は実際ゴマンといる訳ですが(正直な話)、彼みたく牽引力のあるプレイが出来る人っているのかな?と。 昔の方が云々って話はあるけれども、昔と同じ事やってたって意味無いでしょ?って云わんばかりにあのキャリアでどんどん攻めてるって姿勢が凄い。 当たり前だけど実際昔より確実に巧い。実... ...続きを見る
HIGH BLOW@WebryBlog
2005/05/15 19:31
io AS 1065 BNS
このblogを始めて2年余りが経過するが、開始当初、実はioに関して一度エントリーを書いていた。 今回2年振りの再会を果たした事になる。 ...続きを見る
HIGH BLOW
2007/06/14 10:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
★io AS 1065 GL HIGH BLOW/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる