HIGH BLOW

アクセスカウンタ

zoom RSS ★H.Selmer Serie-III Sterling Silver

<<   作成日時 : 2005/04/24 11:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年のショッキングなリリースからほぼ1年を経過し、ようやくSerie-III Sterling Silver(以下SS)の試奏の機会を得た。

=============
このエントリーは公開から3年以上経過していますが、アーカイブ化までの間現状のまま公開致しております。
=============

渡辺貞夫、伊東たけし、と云った有名プレイヤーが、それまでの愛機を捨て速攻で乗り換えた、事が話題になったし、現在メディアで目に耳にするようになった。
リリース当初、おいおい天下のSelmerがYani(YANAGISAWA)の2番煎じか?と、正直誰もが思った事だろう。

結論から云えば、非常に素性の良い"使える"楽器だ、と思う。Serie-IIIのソリッドでプレーンな部分は残しつつ、銀と云う素材の持つ透明感と重量感のあるサウンドが活きている。サックスと云う楽器はこう云う音がするのか、と。硬すぎないがタイトで、パワーを入れた時には細やかにキラキラと輝かしいエッジが出る。しっとり落ち着いた重みも厚みもあるのだが、野暮ったくは無く洗練されている。元々Serie-IIIが持っている鳴り易さに加えて、音そのものが持っている充実感がある。即ステージや録音に持って行っても外れる事は無いのかも知れない。実戦向けな印象だ。
ある意味Selmerのサックスの一つの理想形・・・・"イデア"と云う云い方が当たるかも知れない・・・を示された様に思う。Yaniのそれとは似ても似つかない。オリジナリティ、アイデンティティが凝縮されている。
(Yanagisawaのシルバーソニックは、これはまたこれで物凄いクオリティの楽器なので誤解の無い様に)
勿論好き嫌いはある訳だし、このSSが全てを持ち合わせているとは思わない。
自分では(他ブランドのものと良い出合いがあって)使っていない訳だし、今の物を手放して迄手に入れたいとも今は思わない。
…MarkVIと交換なら良いかも(笑
しかしながらSelmer的な物を求めた場合の一つの結論なのだろう、と。実際非常に良い楽器だと思う。

何故か非常に"アンチ"の多いSerie-IIIのアルトについては、発表時に試奏した事がある。(Serie-II発表時にも相当アンチがいた。Selmerユーザーは自虐的なのか??)
当初良く聞かれた"Mark-VIの再来"云々、と云う部分については成る程と思った事がある。テーパーが修正されたのか、Serie-IIと比較すると幾分管体自体が細身のような気がしたし、重量も幾分軽いと感じたものだ。キーレイアウトも小振りになった感がある。
Serie-IIにあった、どこか"もさっ""どろっ"とした厚ぼったい腫れぼったい印象が無く、すっきりシェイプアップされた、純度の高いバランスの良い出音だ、と思った。現在良く話題になるパワー不足、ダイナミクスや音色の薄さなどはそれ程気にならず、むしろ所有していたMark VIに似ている、との印象も受けた。総じて楽器としての純度が高い。
何よりSerie-IIに比べ、圧倒的に軽快に演奏出来る。

しかしながらそれと音楽とは別問題だったのだろう。
アルトの知人(Mark-VII所有)、友人(Serie-II所有)とどちらもSerie-IIIを手に入れたが、1人はReferenceへ、もう1人はYAS-82ZULへ切り替えた。どちらもヘヴィーウェイトな楽器を経てserie-IIIを手にした事もあるのだろうが、ストレートアヘッドなJAZZプレイヤーなので、"一発の説得力"や"味"、"雰囲気"を求める向きもあったろう。
確かにカッチリとしたSerie-IIIでは、そう云う部分は薄いとも思った。
やはり楽器の、一見"雑味"と思える部分がプレイヤーや音楽に与える影響は大きいなぁ、と思ったものである。
自分の周辺のジャズフィールドの方からは、吹いてから「これってクラシック向けなんじゃねーの?」と云われ、クラシックの方からは吹く前に「これってジャズ向きなんでしょ?」と云われ、いやはや散々な評価だ。

Serie-IIIは綺麗過ぎる。
意外に美人に魅力が薄く、パートナーもいない様なものだろう。
SSは傷心の美人が何年かを経て数段魅力を増して綺麗になって帰って来た様に思う。こうなると経験上最初にアプローチした男性が強いと思う。

今後はSerie-IIは徐々に無くなり、Serie-IIIとReferenceと云う軸で展開する、との事らしい。Referenceは絶好調だ。Serie-IIIをちょっと応援したくなった。美人にはやはり弱い。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
★H.Selmer Serie-III Sterling Silver HIGH BLOW/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる